林ゆいか展 大粒の涙

『林ゆいか展 大粒の涙』
2021年7月2日〔金〕ー18日〔日〕
11:00 ー 18:00 月、火、水 休み

ヒトの暮らしが大きく揺らいだこの1年半。
林ゆいかの描くケモノが流す大粒の涙は、豊かな養分を含む水源となり
新たな未来へと向かいます。
自由な筆の動き、豊かな色彩から生まれる新たな自然の気配。
ruriro外庭から続く、ものがたりをどうぞ。

「1×1ドローイング」

日時:7月3日(土)、8日(木)、11日(日)、17日(土)
各13時〜、14時〜、15時〜、16時〜
費用:5000円(イメージ画 18×14cm、お茶付)

1対1でお話をしながら、お名前や対話から思い浮かんだイメージを、色やカタチで描きます。
林ゆいかが描く、あなたに向けた1枚のドローイング。
出来上がった作品は、そのままお持ち帰りいただけます。

ご希望の方は、メールまたはホームページのコンタクトから
ご希望の日時等、お問い合わせください。

林ゆいかプロフィール
埼玉生まれ。2008年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業。
デザイン会社を経て作家活動を始める。
日本画や布絵、ペン画や立体などさまざまな手法で作品を制作。
目には見えないもの、自然の気配を表現したいと考え制作している。
[個展]
2020年 森とケモノを巡る旅(ギャラリー蚕室)、種をまく 絵をえがく (onvo salon 浦和)
2019年 Hide and Seek (gallery kissa)
[グループ展]
2021年 ぽっかりあいた森の中(プラザノース)、ガラスペンと文具の作品展(ギャラリー蚕室)
さいたま百花展(あるぴいの銀花ギャラリー)
他、個展・グループ展多数